風俗は近場で探せ

風俗は楽しいじゃないですか

辛い毎日…とまでは言いませんけど、これといって特に何か面白いことが待っている訳ではない自分の日常生活を考えると、風俗って本当に楽しいなって思いますよ(笑)むしろ風俗だけしか自分の楽しい物ってないんじゃないのかなって思いますし。それくらい風俗の存在感だけが突出しているんですけど、きっと同じような考えの人、多いんじゃないのかなとも思うんですよね。何が楽しいでもなく、惰性というか活きるために仕事をして。そこに何かしらの楽しさがあるのかって言われるとそうでもないというか(苦笑)でも、待っているだけじゃ何も楽しいことは起こらないってことくらいは自分でも良く分かるじゃないですか。だからこそ、新しい何かにチャレンジしたいって気持ちを持っているのも良く分かる話ではあるんですけど、それらを総合的に考えるとやっぱり風俗なんですよね。だっていくら楽しいことでも、手軽じゃなきゃ億劫な気持ちになってしまうと思うんです。

体が硬い風俗嬢、いいかもしれない

体の柔らかい風俗嬢は何度か遊んだことがありましたけど、あそこまで体が硬い風俗嬢はある意味では初めてかもしれません。でも、それが逆に良かったのかもしれません。体が硬いので、彼女が時々苦しそうにしているんです。他の女の子にとっては別に苦痛ではないような体勢でも彼女にとっては多少厳しいんでしょうね。だから辛そうなんです。でも、それがこちらとしてはそそられたんですよね(笑)これはいいなと。苦しそうにしているんです。息遣いも荒いので生々しさがあったんですよ(笑)それってよくよく考えると面白いですよね。だって体が柔らかい風俗嬢であればそんな息遣いはする必要ないんです。でも、体が硬いがために辛い。それであれだけ息遣いが乱れるている中でこちらに奉仕してくれるのは、ちょっとしたAVみたいでした。本来であれば「無理しなくて良いよ」とか優しい言葉をかけるべきなのかもしれないんですけど、あまりにも生々しいのでそのまま楽しみました(笑)