風俗は近場で探せ

なぜいつも楽しめるのかといえば…

毎回風俗は楽しませてもらっています。失敗したなって思ったことは、ここ数年ってレベルで思い当たる節がありません。それだけ毎回のように楽しませてもらっているってことなんですけど、その秘訣もあるんです。何をする訳でもないけど毎回風俗が楽しいって訳じゃなくて、自分なりに少し工夫していることがあるんです。それは相手に対して褒めることです。褒めるだけでも相手の風俗嬢の気持ちが全然違ってくるんですよね。明らかに笑顔が多くなる風俗嬢も珍しくありません。それくらい大切なことだと思うので、風俗で遊ぶ時には相手の子を褒めることを徹底しています。あまりにもわざとらしいものでもいいんです。日常生活であれば露骨に褒めすぎると逆に「適当に言っているんだろう」と思われてしまうかもしれないんですけど、風俗に関しては露骨に褒めるくらいでいいんですよ。その方が分かりやすいコミュニケーションになるので、相手との距離感も近付くんです。

ある意味、非日常そのものですよ

風俗は非日常そのものじゃないですか。刺激とか興奮といった、職場と自宅の往復だけでは味わうことが出来ない気持ちを味わえるのもまた、風俗の大きな魅力だと思うんですよね。むしろ社会人になると何もしなければ何も起きないものじゃないですか。そこで自分なりに何をするのかってことも問われてくるという、何もしなければ本当に時間だけが過ぎていく日々なんですよね。そこで自分なりに何かを見つけたいなって子と自分が見つけたのが風俗だったんですよ(笑)そんなに毎日のように足を運べるわけではないんですけど、足を運んだ時には非日常空間を思う存分楽しませてもらっています。心の支えと言うには少々言い過ぎかもしれないんですけど、風俗があるから頑張れるという気持ちもありますよね。人間は楽しさが待っていないとなかなかモチベーションも上がらないものだと思うので、風俗の存在は自分に様々なものをもたらしてくれているなって実感していますよ。