風俗は近場で探せ

モチベーションの問題から、風俗へ

ここまで頻繁に風俗で遊ぶようになった背景にあるのは、女の子へのモチベーションです。それまでは自分も恋人が欲しいなと頑張っていました。合コンや街コンと言った各種コンパに顔を出したり、マッチングサイトを活用したりもしていましたけど、なかなか思うような出会いはありませんでした。会えないとは言いませんけど、そういったものも言うなればきっかけの一つであって、そこからどんな関係を築くのかは自分次第じゃないですか。そこが上手くいかないのはきっと自分にあまり魅力が無いからってことだと思うんですよね。決して自虐しているとかじゃなくて、そう思わざるを得ないというか(苦笑)だからか、風俗の方が気軽でいいかなって。女の子と付き合いたいとか恋人にしたいというモチベーションを持つよりも、風俗でどれだけ楽しもうかなと思うモチベーションの方が断然楽しいものになるってことに気付いたんですよ(笑)だから最近では風俗で遊ぶようにしています。

自分への戒めという点もある

風俗に行ったら必ずメモをするようにしているんです。どんな女の子だったのかだけじゃなく、自分がどう思ったのかや、もっとこうしておけば良かった点。これらを明記しておくんです。なぜなら、それらはやっぱり大切な部分なんですよ。成長というと大袈裟ですけど、風俗って女の子だけが頑張る訳じゃないんです。お客もまた、どういった形で楽しもうとすべきなのかもまた、大きなテーマなんですよね。それを考えると、やっぱり風俗で思うのは自分なりにいろんなことを考慮しなければならないってことですね。相手への気持ちはもちろんですけど、他にどういったことを考えるのかや、何をすべきなのか。女の子側のこともある程度考慮しなければならないというか、それが風俗での更なる満足感のカギを握る部分なんじゃないかなって思うんですよね。だから風俗では自分なりにいつも思いますけど、相手の女の子と自分の気持ちのハーモニーこそ、大切なことなんだなって(笑)